毎年一度は見たくなる最強の映画、

「もののけ姫」アシタカの許嫁カヤは御存知?

 

SnapCrab_NoName_2014-10-1_2-18-30_No-00

sponsoredlink

 

もののけ姫のあらすじは覚えていますか?

全てのジブリ作品には何かしらテーマがあり、

このもののけ姫も例外ではなく「自然との共生」が描かれています。

 

それはみたことがある方ならだれでもわかると思いますが、

ふとした理由から大自然の森のなかにあるもののけを殺す武器を作る都市、

タタラバに辿り着いたアシタカは、

自然の主シシ神を殺す算段を立てる女首領エボシに反発。

 

 

そして最終的にシシ神を殺した人間に対し、

神々からの鉄槌が振り下ろされたのですが、

シシ神に首を返すことでなんとか呪いを解かれ救われるという話でした。

 

 

その「ふとした理由」とは御存知?

SnapCrab_NoName_2014-10-1_2-18-39_No-00

もともと田舎の村出身のアシタカは、

愛鹿ヤックルと共につつましく過ごしていました。

しかしその平和の最中、祟り神と呼ばれる呪いを持つ存在が村を襲います。

その折、村の娘たちがこの祟り神に襲われてしまいます。
SnapCrab_NoName_2014-10-1_2-19-14_No-00
sponsoredlink

 

その娘たちを助けようとしたアシタカは、

祟り神の注意をそらそうと祟り神の目に矢を放ちます。

この結果としてアシタカは祟り神を倒し、娘たちを救うことが出来ました。

 

しかしその代償としてアシタカは腕に呪いをもらってしまいます。

そして祟り神の死体から銃弾のようなものを発見したアシタカは、

その銃弾の産地が東の国であることを知り、

作成者に呪いの解き方を聞きに旅に出るというのがこの話の始まりでした。

SnapCrab_NoName_2014-10-1_2-18-49_No-00

そして村を出発するアシタカさんですが、

 

 

ここで登場する許嫁カヤを覚えていますでしょうか?

みなさんこのシーンをお忘れではないでしょうか?

村を出発するアシタカに小刀をあげるシーンありますよね?

SnapCrab_NoName_2014-10-1_2-23-26_No-00

カヤはいつも兄様のことを思っておりまする!

これに対しアシタカは、

私もだ。いつもカヤを思う

と言って颯爽と村を後にするのですが、

カヤって誰やねんんん!

 

「兄様」って言ってるけどアシタカの妹なの?

いいえ違います、カヤはアシタカの許嫁です

でも許嫁だということはわかったけども、

この時にもらった小刀、サンにあげちゃってるよね?

 

ええそうです。

この時の小刀は後にもののけ姫、サンにあげています。

これは賛否両論なのですが、むしろ批判的なコメントが多いですね。

 

 

しかしこの時のアシタカの気持ちは御存知?

完全に私の主観でしかないですが、

アシタカはもう生まれ育った村に帰ることはなく、

昔の許嫁よりも今目の前の女を大事にしたいという心の現れなのではないかと。

SnapCrab_NoName_2014-10-1_2-18-57_No-00

なぜ村に帰れないのかといいますと、

この時代、今よりもはるかに神と生活が近かった頃、

神様はあらゆるものを統べる存在ですので、

その神様を人間風情が殺すなどということは完全にAUTOです。

 

許嫁を守るためとはいえ、神を殺してしまったアシタカは、

もはや罪人も同然、もう村にいられないということですね。

そこはやはり、今自分が幸せになる方法を考えてしまうのも妥当なように感じますね。

なので許嫁カヤももののけ姫との一件を恨んではいないでしょう。

そのような時代背景があったことだけでも覚えて帰ってください!

sponsoredlink

 

もう1記事いっとく??

おのののかのベロチューの相手は御存知?

ついに吉木りさの◯◯すじが公開された件!

TOKIO長瀬智也とマジックミラー号の関係?

奇跡の現象 皆既月食とりゅう座流星群がWカミング